【現象世界と想念世界】


私達人間の主観的認識から起こっている

見える世界の事

これが現象世界になります。



人は何か物事をしょうとするとき 思い描きます。




未来について思い描きそれ向かって 何をすべきか考え行動に落とし込んで行きます。


まず『想い』それについて『行動』を起こします。

何時までに何処かにたどり着かなければいけない場合は 目的と時間がわかっていれば そこに辿り付くのです。



目的が達成するためには そこ辿り着けるための 状況を作らなければいけません。



感情や想いのエネルギーが 形作るもの それが想念の世界になります。



そうしなければ いつまでも辿り着くことは出来ないのです。



=========

『人間の心が病や運命をちっとも気にしないという積極的状態で あれば、宇宙に隈なく編満存在している有機微妙な“気”のもつ エネルギーを受け入れる分量が多くなる。



心が肉体や感覚や本能 に縛られて、狭く消極的なものになると、“気”のもつ尊いエネ ルギーを受け入れられなくなり、生命力が衰えていく。



人生を豊 かに過ごしていく鍵は宇宙霊との絶対的絆をゆるがせにしないこ とだ。