ライフステージごとの財産管理


一概にライフステージと言うと産まれてから亡くなるまでの大まかな世代を表しますが、

ライフステージごとの財産管理とはいったいどのようなものでしょう。


1.心身ともに健全で自分の意思表示で不動産・預貯金などすべての財産や、冠婚葬祭などもできる状態の事


2.病気や、生活環境の変化に伴い判断能力が衰え、自分自身でも記憶力が乏しくなっていくことを自覚できるなど。自分ではできなくてもサポートがあれば管理することが出来る状態。


3.判断能力がほとんどできず、認知症と判断されてしまった場合。本人では意思表示が出来ず、家庭裁判所にて成年後見人をつけなければ財産管理ができない状態。


4.本人が亡くなり葬儀などの手続きを済ませ財産を相続人に引き継ぐ手続きをする状態。


年金・健康保険・土地の名義書き換えなど煩雑な事が多く残っております。

ご家族で手続きが出来なければ第三者にお願いして相続の専門知識を持っている方にお願いすることも視野に入れておくといいかもしれません。


#相続

#財産管理

#死後事務委任

#笑顔相続

#相続診断士







タグから検索
特集記事
最新記事
アーカイブ

【受付時間】

9時~18時迄 (水曜定休) 

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
〒950-0982 新潟県新潟市中央区堀之内南1-33-7

MFC.LLC

Miyo Future Creation Limited Liability Company