暗号通貨(仮想通貨)「Tetheテザー」の疑惑は?・・・

最近下落の一途をたどっている仮想通貨市場

暗号通貨(仮想通貨)市場を巡って、「(テザー)」に関して。

Tetheとはビットコインなどとは違ってレートが米ドルに固定されているのが特徴になっているのですが、

裏付けとなるドル資産を持っていないとの疑惑が浮上しています。

こちらに詳細が記されております。

https://wired.jp/2018/01/31/tethers-collapse/

もしが本当に流通額と同額の米ドルを保有しているのであれば、

理論上は保有者全員がいつでもを同社に売り戻し、同額のドルを入手できます。

この信用こそが、の米ドル連動制を支えているのですが信用が無くなれば

USDTと記されている両替をどうするかと言う事になります。(Tetherの通貨表示が)

一旦安定しているに移しての売買をしているわけですから

いつまでも資金をUSDTに入れているわけではありません。

BTCの資金も90%以上が取引停止になった中国の取引所に保管されているだけとも言われております。

coincheckからから580億円相当の仮想通貨NEMが流出した問題ですが、

ネムが流出先の口座から9口座に送金されたうえ、うち1口座と別の口座の間で11億円相当を往復させていたことが判明。

無関係とみられる複数の利用者にNEMが送りつけられていたことも判明しました。

私自身も LINで『NEMが送金されていたらそれを動かさない様に』とのメッセも深夜に受けております。

専門家によると、資金の移動が追跡されていないか確認するためのものであったと言われております。

日々情報も更新され、1ヶ月前 1週間前とは状況が変わっている暗号通貨市場

情報だけに翻弄されず、あらゆるところから 自分自身で見極める力が無いと

破綻の一途を辿る人も多く出てくるのではないでしょうか。

タグから検索
特集記事
最新記事
アーカイブ

【受付時間】

9時~18時迄 (水曜定休) 

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
〒950-0982 新潟県新潟市中央区堀之内南1-33-7

MFC.LLC

Miyo Future Creation Limited Liability Company