金利について

銀行に預けたり、ローンで借りたりする時に発生するのが 「金利」 です。

私達は銀行にお金を貸しているので

その対価として金利が付きます

反対に銀行など金融機関からお金を借りている時に対価として支払う為金利がかかります

モノの値段は需要と供給できまります

お金を借りたい人が多ければ金利は高くなり

借りたい人が少なければ金利は低くなります

借りたい人が多いと言うのは 

企業が設備投資をしたり

個人が家を建てたいと考える様な景気の良い時です

しかし資金の需給関係は最終的には銀行同市の資金のやり取り

国債の取引に関係してきます

このやり取りが「市場金利」です

金利は信用度を表します

金融機関は誰でも同じ金利でお金を貸してはくれません

借りる人の信用度により金利が決まって来ます